一般社団法人マインドフルネス瞑想協会

マインドフルネスとは

マインドフルネス
マインドフルネスを一言で言うと、「気づきのトレーニング」です。

マインドフルとは「~に、注意する、意識する」という意味があります。
簡単に言うと、「今、ここ」に注意を向けて、あるがままを観察していく練習です。

このような在り方を実践することで自分の体と心の状態に
「気づく力(アウェアネス)」が高まります。

またマインドフルネスは自分が感じていることを評価や判断を
入れずにありのまま受け容れていく練習でもあります。

そのような「あり方」によって、
自分自身に対する思いやりが深まります。

自分のことを根っこから信じれるようになり、
揺るぎない心の安定感を手にいれることにつながります。

例えば、日常生活の様々な出来事、人間関係で心が揺れ動いたときでも、
心の平静さを保ちながら、しなやかに対応することができるようになるのです。

Return Top